お知らせ
ホーム > お知らせ > 余剰買取制度と全量買取制度

お知らせ

余剰買取制度と全量買取制度

設置した太陽光発電が発電した電気は電力会社へ売ることが出来ます。

一般のご家庭では「余剰電力の買取制度」が採用されています。つまり太陽光発電で発電した電気から、自分の家で使った電気を引き算し、余った電気があればこれを売電するという方式です。

一方、「全量買取」制度は自分で消費した電力とは無関係に、太陽光発電が発電したすべての電力を売電できるという方式です。ただし、この全量買取制度は事業者が設置する太陽光発電所や工場、学校の屋上などに設置する場合など産業用途に限定されて適用になる制度です。

日本では平成24年7月1日からこの全量買取制度がスタートしました。

全量買取制度での設置には色々な要件があります。詳しくは当社係員までお気軽にお問合せ下さい。

"yojyokaitori"

Copyrights Matsumura All Rights Reserved.